バンコク行き格安航空券の相場と最安値は

バンコク行き格安航空券の相場は、日付によっても異なりますが、13,000円台から30,000円くらいが最安値と考えていて良さそうです。よく最安値となっているスクート社だと、これに手荷物持ち込み料金が別途9,000円ほどかかります。20kgまで持ち込めますので、機内で食べる軽食などを持参すると良いでしょう。格安航空会社の場合は、機内食は有料となりますし、割高で味もあまり日本人好みとは言えない面がありますから。
この路線に就航している格安航空会社は、時々キャンペーンをおこないますので、その時期に航空券を確保しておくと、破格の値段でタイに行けます。15,000円を切ることもあります。

成田からの直行便も出ていますので、できれば直行便を利用したいところです。同一日で最安値となっているのは、ほぼいつも直行便です。この路線は、直行便を運航している航空会社は7社ほどですが、乗継便ならかなりの数の航空会社が就航しています。乗継便は航空運賃も高くなりがちで、時間もかかり、カウンターでの乗り継ぎ手続きのために1時間ほど列に並ぶ必要があったりしますので、なるべく避けたいところです。
成田からの最安値は、インターネットで比較サイトを出して、日付と区間を入力すれば、すぐわかります。直行便も乗継便も同時に表示されます。直行便の出発時刻や値段が、希望と合わない場合は、乗継便も検討することになります。いくつもの航空会社がこの路線に参入していますので、選択肢は非常に多いです。

値段だけで選ぶなら、singaporeの格安航空会社スクートの直行便となるでしょう。ただ早朝だったりするので、その時刻に乗れない場合は、それより少し割高の直行便を選ぶことになります。タイ・エアアジアXも格安航空会社で、かなりの低料金で運航しています。スクートの手荷物込の総額と、そう変わらない運賃であることもあります。

タイまではかなり距離があり、決して近い国ではありませんが、航空運賃だけだと片道13,000円で行ける場合があるというのはうれしいことですね。国内の主要都市間の新幹線料金より、安いくらいです。もう海外旅行は気軽におこなえるものとなりました。格安航空会社の数がもっと増えて、空の旅がもっと身近なものになることを期待したいものです。海外ではとうの昔にそうなっていたわけですが、日本ではまだなじみが薄く、飛行機は高いものと考えている人も多いようです。

投稿日:

格安航空券でバンコクに行く

バンコクは、東京から直行便の飛行機で6時間くらいで到着する、年間の平均気温が30度にもなるタイ王国の首都です。とにかく暑い国なので、薄着で身軽な格好で行くには良いですが、ホテルの冷房用に衣類を持参した方が無難です。タイ王国は、自由の国、微笑みの国とも言われ、気候は、乾季、暑季、雨季の三つに分かれます。

4月が一番暑くて40度にもなることもあり、12月は過ごしやすく、平均25度くらいです。お店や道路沿いなどの至る所に、王様の写真が飾られていて、国民は王を尊敬しています。仏教徒がタイ王国全体の95%をしめ、日本人に対しては、非常に有効的です。観光名所には、色とりどりの仏塔が見られる「ワット・アルン」や「スコータイ歴史公園」、美しい楽園の「ピピ島」などが有名です。他にもタイ王国は仏教国なので、有名な寺院がたくさんあります。一度行ってみたい国として日本人に人気があり、格安航空券を求める人もたくさんいます。

航空券には、正規航空券、PEX航空券、格安航空券の三種類があります。正規航空券は、normalticketとも呼ばれ、一番、融通の利く航空券で、キャンセルが可能で、支払いした料金は戻ってきますし、他に比べて料金は高めですが、予約変更、経路変更、航空会社変更に対応し、一年間有効など安心して使用できる航空券です。PEX航空券は、正規航空券の割引航空券です。格安航空券は、一番、値段は安く、燃油サーチャージも格安ですが、機内食や毛布などのサービスが有料になったり、マイレージが貯まらなかったり、機内持ち込み荷物の料金を取られたり、キャンセルしても料金が戻ってこなかったりします。東京からバンコクまで1万円前後で行ける航空券もあり、とにかく費用を安くしたいのであれば、最適かもしれません。通常の航空券では、航空会社やチケット運用サイトで料金が変わってきてしまい、高い所では、5万円以上もする航空券もあります。

バンコクへ行くのに、5月から10月の暑い雨季のシーズンや東京からの直行便でなく、中国からマレーシアを経由する航空券が格安と言われています。飛行機が到着するのは、スワンナプーム空港で世界でも最大級の空港で大きくて近代的な建物が立ち並び、市内までは30キロくらいの距離がありますが、鉄道やバスが整備されています。スワンナプーム空港には、東京だけでなく、大阪、名古屋、福岡と言ったところから出発する航空券もあります

投稿日:

バンコクに行く格安航空券はどうやって探す?

バンコクに行く格安航空券は、インターネットで検索するとすぐ探せます。バンコクには、成田から直行便が出ていますし、直行便より安い乗継便も出ています。直行便より高い乗継便もありますが、出発時刻や航空会社など、さまざまな要素も加味して利用者各自が選択することになります。

海外旅行比較サイトの画面を出し、搭乗希望日と区間を入力すると、間もなく、その日に運航している直行便と乗継便の一覧が表示されます。値段も出ます。そこから希望する便について、詳しく調べていけます。
直行便を希望するとして、その直行便の航空券をどこで購入すると最も安いのか、というのも一覧が出ますから、すぐわかります。

格安航空券販売会社の一覧が出て、各社のその直行便の販売価格が表示されます。同じ便でも、販売会社によって、片道1万円以上の価格差がありますから、よく比較検討したいものです。バンコクへの直行便は、出発日にもよりますが15,000円程度はする場合もあるようです。直行便だと行きは7時間程度で、帰りは5時間30分程度かかります。注意しなければならないのは、手荷物料金です。手荷物料金込みの価格だと、9千円ほど高くなる航空会社もあります。同じ日に何社も直行便を飛ばしていて、航空会社によって、航空運賃に大きな開きがあります。高い航空会社の航空運賃が、最安値の4.4倍以上ということも普通にあります。

直行便だけを比較しても、格安航空会社の低価格化が目立ちます。日本からの便ですから、日本の航空会社も参入していますが、格安航空会社ではないため、片道6万円から8万円以上します。同じ日でも海外の格安航空会社なら15,000円程度と破格の値段となっています。

乗り継ぎ便は、必ずしも直行便より安いわけではなく、できれば直行便を選びたいところです。なんといっても所要時間が短くて済みます。少々高くても直行便を選びたいくらいであるのに、かえって乗継便のほうが航空運賃が高くついたりもするので、可能な限り早く予約をとって、直行便を押さえたいところです。日本からタイへの便数は多いほうで、時間帯も選べますし、選択肢が豊富と言えるでしょう。格安航空会社を利用する場合は、海外の航空会社となります。言葉が少し不安ですが、日本の航空会社ほどでないにせよ、日本との間に結ばれている路線ですから、ある程度は通じるでしょう。周囲に日本人乗客も大勢いることでしょうし、不安はなさそうです。

投稿日:

バンコクに行く格安航空券はどこがおすすめ?

バンコクに行く格安航空券は、しばしば最安値となっているスクート社の便のがおすすめです。スクート社は、シンガポール航空が出資している中距離専門の格安航空会社です。成田からバンコクへの直行便も運航しています。もともとは関西空港からバンコクへ週3回、直行便を飛ばしていました。その後成田空港からも運航するようになり、現在は毎日直行便を飛ばしています。

LCCですので、航空運賃は常に格安で、たいていの日にちにおいて、スクート社の便が最安値となっています。航空運賃だけだと片道15,000円ほどの場合もあります。結構遠い国であることを考えると、破格の安さですね。ただし、手荷物がある場合は、これに9千円ほど追加で支払うことになります。重量は20kgまでとなります。また、どこの航空会社の便を利用しても、空港使用税2,610円が別途必要です。

スクートは格安航空会社ですので有料にはなりますが、機内食も注文できます。ただし、缶コーラと、日本人にはなじみのないインディカ米に肉が付いた弁当パックといった内容になることもあります。味付けは一般的に日本人の味覚には合わないことも多々あるかもしれません。しかし、タイによく旅行する人や、タイ料理が好きで旅行に行く人ならおいしく感じる可能性は高くなるでしょう。機内食は高いので、手荷物として軽食を持参していったほうがいいかもしれません。日本人の乗務員が乗り込んでいることも多いので、言葉の不安はそれほどありません。機内では、有料にはなりますが、Wi-Fiが利用できます。直行便とはいえ、機内で過ごす時間は7時間余りと長いので、Wi-Fiが使えるのは魅力でしょう。

この路線にはいくつもの航空会社が就航していて、スクート以外の格安航空会社も参入しています。しかし、最安値であるのはスクートであることが多いです。スクートは朝7時前の便だったりしますから、値段も下がりやすいという面はあるでしょうが、中国系の航空会社よりもサービスがいいと感じる人も少なくないようです。この路線には、日本の格安航空会社はあいにく参入していません。日本の2社が就航していますが、航空運賃は6万円以上とかなり高額です。機内食の味も日本人向けですし、何かと勝手がわかるので、日本の航空会社を使いたいところですが、航空運賃がこれだけ違うと、選択肢には入らなくなります。格安航空券を狙うなら、スクートが一番おすすめと言えそうです。

投稿日:

バンコクに行くなら格安航空券がおすすめなワケとは

スパや足つぼマッサージを格安な料金で受けることができ、料理も美味しく観光スポットも豊富なタイ。微笑みの国として外国人旅行者の間でも人気が高く、絶え間なく旅行者がタイを訪れています。タイを訪れるのであれば、首都であるバンコクを拠点として各都市や観光スポット、美しいビーチがある島々へ足をのばすというプランが大半でしょう。バンコクに行くとなると、日系の航空会社や人気の高いアジア系の航空会社を利用して行くことがポピュラーですが、シーズンにもよりますが、年末年始、お盆など意外にも運賃が高くてびっくりすることがあります。

また、アジア系の航空会社であれば日本を出発して、その航空会社の拠点で乗り継ぎをしなければならないこともあります。旅行でお金がかかる部分はやはり航空券と宿泊料金でしょう。

タイにはバックパッカーも多く、バックパッカー向けのゲストハウスをはじめ、ホテルのチョイスも広いため、旅費を少しでも抑えたいのであれば、格安航空券を利用することをおすすめします。何と言ってもその魅力は安い運賃です。格安航空券はネットで検索して簡単に予約することができ、大変便利です。専用のウェブサイトや旅行代理店のWEBで調べることができます。

また正規航空会社のウェブサイトでエコノミーセーバーなど安いクラスのセール運賃を見つけて予約することでも費用を抑えることができます。その他にも、LCCを活用して非常に安い運賃で旅行をすることも可能です。LCCは席が少し狭かったり、機内エンターテイメントが無いまたは有料であったり、機内食が有料であるなど、各種サービスを受けたい場合にはその対価を支払う必要があります。さらに、フライトの変更やキャンセルに制約があったり、フライトの遅延や欠航というリスクもあります。しかしながら、その運賃は大変魅力的なものが多く、タイまでの距離と飛行時間であれば、乗り継ぎも含めて何とか我慢できる範囲です。

LCCの中でも少し高めの運賃を支払えばビジネスクラスのようなフラットシートなどを提供しているところもあり、自分の旅行の予算に応じて座席を選ぶこともできます。正規運賃のエコノミーで行くよりも、LCCのフラットシートを選択してリラックスしながら、タイまでのフライトを心地よく楽しむという方法も一案です。航空券をとる際には、インターネット上でしっかりと情報を集め、上手に格安航空券を見つけて、予約するようにしましょう。