バンコク行き格安航空券の相場と最安値は

バンコク行き格安航空券の相場は、日付によっても異なりますが、13,000円台から30,000円くらいが最安値と考えていて良さそうです。よく最安値となっているスクート社だと、これに手荷物持ち込み料金が別途9,000円ほどかかります。20kgまで持ち込めますので、機内で食べる軽食などを持参すると良いでしょう。格安航空会社の場合は、機内食は有料となりますし、割高で味もあまり日本人好みとは言えない面がありますから。
この路線に就航している格安航空会社は、時々キャンペーンをおこないますので、その時期に航空券を確保しておくと、破格の値段でタイに行けます。15,000円を切ることもあります。

成田からの直行便も出ていますので、できれば直行便を利用したいところです。同一日で最安値となっているのは、ほぼいつも直行便です。この路線は、直行便を運航している航空会社は7社ほどですが、乗継便ならかなりの数の航空会社が就航しています。乗継便は航空運賃も高くなりがちで、時間もかかり、カウンターでの乗り継ぎ手続きのために1時間ほど列に並ぶ必要があったりしますので、なるべく避けたいところです。
成田からの最安値は、インターネットで比較サイトを出して、日付と区間を入力すれば、すぐわかります。直行便も乗継便も同時に表示されます。直行便の出発時刻や値段が、希望と合わない場合は、乗継便も検討することになります。いくつもの航空会社がこの路線に参入していますので、選択肢は非常に多いです。

値段だけで選ぶなら、singaporeの格安航空会社スクートの直行便となるでしょう。ただ早朝だったりするので、その時刻に乗れない場合は、それより少し割高の直行便を選ぶことになります。タイ・エアアジアXも格安航空会社で、かなりの低料金で運航しています。スクートの手荷物込の総額と、そう変わらない運賃であることもあります。

タイまではかなり距離があり、決して近い国ではありませんが、航空運賃だけだと片道13,000円で行ける場合があるというのはうれしいことですね。国内の主要都市間の新幹線料金より、安いくらいです。もう海外旅行は気軽におこなえるものとなりました。格安航空会社の数がもっと増えて、空の旅がもっと身近なものになることを期待したいものです。海外ではとうの昔にそうなっていたわけですが、日本ではまだなじみが薄く、飛行機は高いものと考えている人も多いようです。

投稿日: