格安航空券でバンコクに行く

バンコクは、東京から直行便の飛行機で6時間くらいで到着する、年間の平均気温が30度にもなるタイ王国の首都です。とにかく暑い国なので、薄着で身軽な格好で行くには良いですが、ホテルの冷房用に衣類を持参した方が無難です。タイ王国は、自由の国、微笑みの国とも言われ、気候は、乾季、暑季、雨季の三つに分かれます。

4月が一番暑くて40度にもなることもあり、12月は過ごしやすく、平均25度くらいです。お店や道路沿いなどの至る所に、王様の写真が飾られていて、国民は王を尊敬しています。仏教徒がタイ王国全体の95%をしめ、日本人に対しては、非常に有効的です。観光名所には、色とりどりの仏塔が見られる「ワット・アルン」や「スコータイ歴史公園」、美しい楽園の「ピピ島」などが有名です。他にもタイ王国は仏教国なので、有名な寺院がたくさんあります。一度行ってみたい国として日本人に人気があり、格安航空券を求める人もたくさんいます。

航空券には、正規航空券、PEX航空券、格安航空券の三種類があります。正規航空券は、normalticketとも呼ばれ、一番、融通の利く航空券で、キャンセルが可能で、支払いした料金は戻ってきますし、他に比べて料金は高めですが、予約変更、経路変更、航空会社変更に対応し、一年間有効など安心して使用できる航空券です。PEX航空券は、正規航空券の割引航空券です。格安航空券は、一番、値段は安く、燃油サーチャージも格安ですが、機内食や毛布などのサービスが有料になったり、マイレージが貯まらなかったり、機内持ち込み荷物の料金を取られたり、キャンセルしても料金が戻ってこなかったりします。東京からバンコクまで1万円前後で行ける航空券もあり、とにかく費用を安くしたいのであれば、最適かもしれません。通常の航空券では、航空会社やチケット運用サイトで料金が変わってきてしまい、高い所では、5万円以上もする航空券もあります。

バンコクへ行くのに、5月から10月の暑い雨季のシーズンや東京からの直行便でなく、中国からマレーシアを経由する航空券が格安と言われています。飛行機が到着するのは、スワンナプーム空港で世界でも最大級の空港で大きくて近代的な建物が立ち並び、市内までは30キロくらいの距離がありますが、鉄道やバスが整備されています。スワンナプーム空港には、東京だけでなく、大阪、名古屋、福岡と言ったところから出発する航空券もあります

投稿日: